口頭弁論傍聴記

お待たせしました。7月8日の傍聴記を北原みのりさんが寄せてくださいましたので掲載します。長いですが、これも7時間を超える当日のやりとりの一端にすぎません。それでも、この記録から法廷の様子が浮かび上がってくると思います。是非、最後までお読みください。 


7月8日東京地裁709号室、ジャーナリストの伊藤詩織さんが性暴力に対する損害賠償を求めた民事裁判が開かれた。

報道を元にした経緯は、このようなものだ。15年4月3日、TBSワシントン支局長(当時)の山口敬之氏と就労ビザに関することで会食中、詩織さんは店のトイレで意識を失い、気がついた時はホテルで性交中だった。警察に被害を訴え2ヶ月後に支局長に逮捕状が出されるが、執行日に刑事部長(当時)が逮捕中止を指示する。16年7月に不起訴確定。17年5月、詩織さんは検察審査会申立てを行い、同時に記者会見を開く。同年9月検察審査会は不起訴相当判断を下した。

 

自分の身に何がおきたのか知りたくても、目の前で扉を閉ざされ続けてきた詩織さんにとって、民事裁判はこれまで積みかさねてきた証拠や事実を一つ一つ取り出し、明らかにする最後の公的な手段だった。その覚悟は相当なものだった。驚いたのは、法廷で衝立を立てないと、詩織さん自身が決めたことだ。4年以上経た今も、体調は万全ではない。まして本人を前にしたらパニックになるかもしれない。それでも相手がどのような表情で何を語るのか知りたいという思いだったという。パニックになった時の呼吸法などを訓練しながら、この日に向けて準備してきた。

 

傍聴席に30名しか入れない狭い709号室で、10時少し過ぎたところで口頭弁論がはじまった。裁判官は女性1人、男性2人。3人とも30代半ばにみえる若さだ。冒頭、少しざわつく場面があった。裁判長が原告と被告を同時に宣誓の場に立たせようとしたのだ。

 

事件後、詩織さんが被告と同じ場所に立つのは初めてだ。山口氏は裁判長に言われるまま出てこようとしたが、すかさず詩織さんの弁護人が「別々にお願いします」と裁判長に伝え、認められた。とはいっても、詩織さんが座る法廷中央の真横、1メートル少ししか離れていない被告席に山口氏は座っている。十分に気配を感じる距離感だ。

 

詩織さんはこの日のために6人の弁護人と準備してきた。一方、山口氏の弁護人は一人だった。山口氏の弁護人、北口弁護士はこれまで自身のブログで、詩織さんを「嘘つき」などと攻撃し続けてきた。また、山口氏への名誉毀損で詩織さんに1億3千万円を要求している。原告を人格的に貶める闘いを辞さない弁護士による残酷な裁判になることは容易に想像できた。それでも実際に法廷でみたものは、私の想像を遙かにこえた暴力と陳腐な女性差別だった。
 

弁論は、原告側弁護人(西廣弁護士)による原告への尋問からはじまった。逮捕状が取り消された直後、詩織さんは法テラスに電話をした。たまたま電話を受けたのが西廣弁護士だった。「取り消された逮捕状を探してほしい」という詩織さんの依頼から、ここまでずっと伴走してきた弁護団長だ。西廣弁護士はまず、山口氏との出会い、なぜ二人で飲んだのか、当日何が起きたのかを丁寧に聞き出していった。この4年、一貫して語り続けた詩織さんの弁論はこのようなものだ。

 

「ジャーナリストとしてフリーランスで働くことを考えていたが、一度は組織に入ってほしいという両親の希望で就職活動をはじめた。ニューヨークのピアノバーで働いているとき、被告(山口氏)と出会った。その後、被告に他支局の人とのランチの場に呼ばれたことがあった。就職活動中、被告にメールすると『最大の難関は就労ビザ。TBSで支援したこともある』など前向きな内容のメールがきて、一時帰国をするという被告と会食の約束をする。『集合時間は』『集合場所は』という誘いの文面から、複数での会食を予想して向かったが、二人きりとわかり驚いた。一軒目でビールとサワーとワインを飲んだ。二軒目の寿司屋で二度目に入ったトイレで意識を失い、目がさめたら被告が自分の上に裸で乗っていた。痛いと言っても行為をやめず、トイレに行きたいと言ってようやく被告は身体を剥がした。その後、バスルームにかけこんだが、バスルームを出ると、強い力で押さえつけられ窒息し死ぬのではないかという恐怖を味わった。一刻も早くこの場を立ち去りたかったが服がびしょぬれだった。しかたなく被告の差し出したTシャツを着て早朝帰宅する。何が起きたのかを明確に言語化できたのは二日後の友人との会話だった。そこで初めて自分の体験が性暴力だったと理解した。警察に行き被害を訴えた。お酒に強い自分があのように意識を失うことはこれまでもなかった。様々な文献から、デートレイプドラッグを使用されたのではないかという疑いをもっている」

 

詩織さんの弁論中、山口氏は目の前にノートを広げメモを取ったり、弁護士と耳打ちしたり、大きくため息をついたり、腕をくんで目をつむったり、いらつくようにペンを投げるように転がすこともあった。隣の北口弁護士は山口氏が話かけると、「大丈夫、大丈夫」というように親指と人差し指で丸をつくってニッコリしたり、詩織さんの弁論を聞いて半笑いしたり、大げさに首をかしげたりなどしていた。その雰囲気は詩織さんには十分伝わっていただろう。

 

間近で見る山口氏は大きかった。私は写真等のイメージから、なで肩の小柄な男性をイメージしていたので、胸板に厚みがあり、腕も太く、がっちりとした体型だったことが意外だった。華奢な詩織さんと並ぶと、とても大きく見えた。

約40分にわたる詩織さん側の弁護人主尋問が終わると休憩を入れず、山口氏側の弁護人(北口弁護士)による詩織さんへ反対尋問が始まった。それまで西廣弁護士が落ち着いた低い声で質問していたのに対し、甲高い声でまくしたてるように語る北口弁護士の調子に、法廷の空気が一気に変わった。とにかく私が驚いたのは、北口弁護士が執拗に「準強姦」と「強姦」の違いにこだわったことだった。

 

ここで簡単に「準強姦(2017年法改正以降は準強制性交罪)」「強姦(同じく強制性交罪)」について説明すると、準強姦=準強制性交罪とは、お酒や薬物を摂取し、意識がなく主要なことを覚えていない、抵抗が物理的にできない状況を利用して行われる性暴力犯罪だ。「準」とはされているが、この場合の「準」は準優勝とかの準という意味ではなく、強姦=強制性交罪と、全く同じ重さの罪だ。また現在は、意識がまったくない状態だけでなく、心理的抗拒不能状態も認められるようになっている。例えば、先の名古屋地裁岡崎支部で19才の娘への性虐待を行った父親への罪状は「準強制性交罪」だった。娘はお酒を飲まされたのでもなく、薬を飲まされたのでもない。ただ、長年の性暴力を経て、拒否できない状況にそもそもあった上での強制性交であるという訴えだった。

 

北口弁護士は準強姦罪・強姦罪の「違い」に執拗にこだわり、罪の重さが違う、全く違う犯罪、と考えているようにしか聞こえない反対尋問をはじめたのだった。


15年当時、警察は準強姦罪で捜査している。伊藤さんが意識を回復したのは、性交の途中だった。意識のないうちに始められ、抵抗できない状況にあった強制性交なので「準強姦罪」と警察が罪名をつけた。詩織さんの意思ではない。ところが、北口弁護士によれば、こういう理屈になる。

「目がさめて暴行されたら強姦なのに、あなたは何故、準強姦で告訴したのか!?」と。


北口弁護士「準強姦の事実はあなたの意識がないところでの行動ですから、あなたは想像でしかものが言えないのに対し、強姦は、あなたが目覚めて明確に意識があるものですから、より確実に認識に基づいて被害を訴えられるわけです。
そういう強姦にしぼって主張するのが当然かと思いますが、わざわざ準強姦にしぼったのには何か特別な意味があるんですか?」
詩織さん「私はどちらに特別な意味をもって主張したわけでなく、捜査員に全て話した上で、捜査員の方が判断したことです」

 

詩織さんはゆっくりと明晰に筋を通して答える。それなのに北口弁護士は、ばかにしたように、質問の意味が分かってないのか? というような調子でこうたたみかけた。
 

北口弁護士「あーこの裁判、捜査関係ないですよ。あなたが裁判に対して、あなたが主張したいこと聞いているんですよ」(刑事と民事区別できてないんではないの?といった調子だった)
北口弁護士「準強姦は、意識がないから想像でしかものを言えない。これに対して強姦は意識があるんだから明確に意識に基づいて主張できるんです。意識に基づいて主張するだけでは足りないんですか? って言ってるんです!」
詩織さん「私は一度も想像で話しをしたことはありません。私がお話しているのは、下腹部の痛みで目が覚めた、自分の意思で性行為がはじまらなかった、けれどもそれが(目が覚めた時点で)続いていた、という話をしています」

北口弁護士はさらにこうも言った。

北口弁護士「強姦と、強姦に準じる準強姦、どちらの方が罪が重いですか」
詩織さん「どちらも同じように悪質だと思います」
北口弁護士「そういう考えもありますけど。強姦の方は、意識のある状態で性暴力を目の当たりにするわけで、それはトラウマになりますので、被害女性にとっては強姦被害の方がより深刻なのではないですか」


聞きながら、私は自分の心臓がばくばくしているのがわかった。少し前のことだが、NHK「クローズアップ現代」で、デートレイプドラッグを使って女性を眠らせ強制性交してきた男性(刑務所で服役中)が、同じことを言っていたのを思い出す。彼はこう語っていた。

「意識がない時にやっているので、起きているときにやるより、女性も傷つかないかなと思ってた」

むしろレイプドラッグで眠らせて行う性暴力の方が罪がないと考えているような口ぶりに言葉を失ったのだけれど、まさか目の前で弁護士が全く同じことを喚いていることに、激しく動揺したのだ。しかもこの後に北口弁護士は、「準強姦」を主張するには「何か意図があるのだろう」と詩織さんを非難しはじめる。


北口弁護士「私としては、強姦の方が明らかに被害女性にとって深刻だと思います。それにも関わらずわざわざデートレイプドラッグの準強姦の可能性をつけたしたようにしてるのは、実は裏の意図があって、あなたがお酒にだらしなくて、よっぱらって醜態さらしていた、そういう現実を隠したかったから事実を付け足したのではないですか」

この瞬間、詩織さんの肩はこまかく震えた。悔しさに泣かずにはいられない瞬間だったと思う。それでも必死にこらえ、威厳をもって、本当に立派に、姿勢を正して、詩織さんははっきりとこう語った。

詩織さん「強姦、準強姦にせよ、どちらの方が被害が重いか、辛いかは誰にも評価はできないと思います。なぜ私がレイプデイトドラッグについて考えているかというと、私の身体が意図しないところでコントロールされるというのは、ものすごい恐怖です」

「ものすごい恐怖です」ゆっくりと絞り出すように、低い声で詩織さんは答えた。しかしその言葉に北口弁護士は、変化球を投げますよ、というちょっと得意げな感じで早口でこう言った。

北口弁護士「あなたがいみじくもおっしゃったように、レイプドラッグを使った犯行というのは、非常に卑劣なやり方だと思います、私も。被害者への深刻な被害を与えます、ね。そういうことを主張することは加害者にとってもかなりダメージになることはわかりますか?」
詩織「全く意味がわかりません」
(北口弁護士はどうやらえん罪について語りたいようだった)


北口弁護士の声は大きく、威圧的だった。冷酷な鋭さはなく、緩慢で、質問の意図がつかみにくかった。ズボンからワイシャツがだらしなく出ていて、法廷の威厳を損ねていた。身振り手振りが大きく、せわしなかった。例えば証拠を提出するときは、詩織さんの前に、音をたててどんと乱暴に置く。大きな動作で詩織さんの前のマイクに手がぼんとあたりマイクの位置をずらしても気がつかず、あまりの距離の近さに詩織さんが身体を反らしても気にしなかった。さすがに詩織さんの方から、彼が証拠を提出するときは、いちいち席を立って証拠を弁護士と一緒に見るようにしていた。


北口弁護士の反対尋問は、午前中は50分近く続いた後、休憩を挟み午後に続いた。準強姦・強姦のこだわりの次は、さらなる人格攻撃だった。
 

詩織さんは事件2日後、混乱する中で「お疲れ様です。無事ワシントンに戻られましたでしょうか」とメールを送っている。そのことに北口弁護士はこだわった。


北口弁護士「無事ワシントンに戻られましたでしょうか、という安否を気遣うというのは、強姦の加害者に向けての言葉かけとしては通常ありえない。あなたのが無事だからこそ、発信できたのではないですか」
詩織さん「通常とは、どの通常をあらわすのでしょうか?」
北口弁護士「一般の社会的常識のある女性です」

傍聴席がざわついた。

詩織さん「どこの常識って、どこの話をしているかわからない」
北口弁護士「日本の常識です」
詩織さん「答えられません」
北口弁護士「なぜ答えられない?」
詩織さん「なぜならこのように、同じように、被害をあったことを隠して、そのまま生き延びるために、同じように振る舞っている女性たちを今まで私は何人も知っているので、私の知っている常識はあなたの常識と違います」
北口弁護士「じゃぁ、そういった人の常識、あなたの常識として、被害者の文章としてこういう文面はあり得ますか?」
詩織「はい、あり得ます」
北口弁護士「ありえるんですかー」(大げさに驚くような調子)
詩織さん「そういうレポートも、日本フェミニストカウンセリングで出されているので、参考にしていただければと思います」


以下のようなやりとりもあった。


北口弁護士「あなたは著書の『ブラックボックス』のなかで、レイプドラッグが使われたことを強く印象づける書き方をしている」
詩織さん「確証はありませんが、私はそう疑っています」
北口弁護士「そうなると、少なくとも山口氏は、計画的犯行ということになる。なぜ、レイプドラッグを使うと思いますか?」
詩織さん「わかりません」
北口弁護士「性交渉したいわけでしょ。抵抗できたら強姦できないと思うから、薬を使うんじゃないですか?世間的にはそういう理解だと思いますが?あなたのブラックボックスによると、準強姦犯人が、目覚めたとたん、強姦犯人になったということですよね?」
詩織さん「私は性暴力を問題にしています」


メモを取る手が震えるのがわかった。強姦できないから「レイプドラッグをつかう」という理解を、この弁護士は法廷で公言したのだ。完全に犯罪者目線ではないか。さらに詩織さんは事件後、刑法改正に向けての運動に声をあげ続けている。そのことについても北口弁護士は方向違いの侮蔑目的の質問を繰り返した。


北口弁護士「ブラックボックスには、『私が会見をしたのは、今後彼女や私の大事な人たちが私と同じ思いをしないために尽きる』とありますが、彼女というのは、その前に妹が出てきますので、妹に対して、同じような目にあわせたくないということですよね」
詩織さん「妹含め、他の友人のことも」
北口弁護士「どうして、記者会見すると、そんな犯罪予防ができるんですか?」
詩織さん「メディアでは一般的にこのようなことはなかなか取り上げられませんでした」
北口弁護士「そうでしょうか(意外だな、というような口をとがらせるような口調で)」

また、「落ち度」を問うようなことも北口弁護士は繰り返した。例えば詩織さんが初めて、事件について語った親友とのやりとりに対して質問があった。私はこの親友にお話を聞いたことがある。詩織さんから「話がある」というのになかなか話し出さず目の前で青ざめ震え始めた詩織さんの手を握ったら、その冷たさに驚いたと語ってくれた。彼女は看護師だった。北口弁護士は看護師なのに、なぜ、傷ついた身体を見せなかったのか、という質問をしたのだ。

北口弁護士「(友人に)乳首の出血、胸のあざについてAさんに訴えましたか?」
詩織さん「はい」
北口弁護士「Aさん、看護師さんですよね、あなたの身体を見ると思うんですが、見ましたか?」
詩織さん「見せてません」
北口弁護士「どうしてですか?」

それはまるで看護師の親友に観てもらわなかった「落ち度」を問うような口ぶりだった。この瞬間、詩織さんは静かに泣いた。

詩織さん「Aさんとは今まで温泉いったり、とても仲がいいですが、わざわざ、傷ついた、自分のプライベートの場所を、友だちでも外出先でわざわざ見せようとは思いませんでした」


北口弁護士は、繰り返し詩織さんの受けた被害内容を語らせた。詩織さんの弁護人が「それはさっきも聞いたこと」とその都度異議を申し立ててはいたが「必要なこと」と言いはった。詩織さんは、数度目の被害状況を再現するのに、少し時間がかかった。何度語っても泣いてしまう辛い体験だからだ。そういう時、北口弁護士はすかさず、こう言うのだった。「あなた今、考えましたね」詩織さんが嘘をついているから考えこんだのだ、と指摘する意図だったのだろうが、むしろ北口弁護士の下劣さだけを強烈に法廷にのこした。少なくとも私には、そう見えた。

2時間に及ぶ詩織さんへの反対尋問の次は山口氏に対する主尋問が行われた。深々と祈るように裁判官に礼をし、山口氏が宣誓し席についた。


山口氏はこれまで月刊HANADAなどで性暴力を否定する内容の寄稿をしたり等しているが、弁護人が北口弁護士にかわってからは、細部が変わってきている。以前の弁護士は示談を提示していたが、北口弁護士は詩織さんに名誉毀損で一億三千万円の損害賠償を求める反訴をした。とはいえ口頭弁論を聞くかぎり、そのような攻撃的な闘いを選んだわりには、非常に練習不足、打ち合わせ不足、あまりの準備不足を感じる場面が多かった。


山口氏の言い分はこうだ。

詩織さんにそもそも関心などなかった。例えば二軒目の寿司屋では芸能人のさかな君が隣にいて凄く面白い話をしていたので、そちらに気を取られ詩織さんの方を向くこともなかった。仕事の話を一通り終えたら、話もあわず、むしろアピールしてくる詩織さんに辟易していた。詩織さんとは、あの日3回目の出会いだった。共通の話題もあるわけもない。見ていないので覚えてはいないが、寿司屋の大将によれば日本酒を7〜8合1人で飲んでいる(しかし、この店での支払いの記録は残っていない)。ホテルでは嘔吐し臭かったので性交したいとも思わなかった。とにかく自分は当時のオバマのことが頭にあったので、仕事しなければの思いでいっぱいだった。性交が終わると「避妊なしでやっちゃった」ということを英語で言って、詩織さんは笑顔でじゃあねと言って、自分のTシャツを着て帰った(ブラウスが吐瀉物で汚れたので、山口氏が洗って濡らした)。そもそも「ブラックボックス」で書かれていたような、「ふだんは出来る女風なのに、今は困った子どもみたいで可愛いね」など言うはずもない。だいたい詩織さんは「できる女風」でもなかったし。


「できる女風でもなかった」
山口氏のその言葉が耳に張り付いた。この裁判は山口氏にとっても人生をかけた重要な場であることは間違いないだろう。それなのに、息をはくように性差別や、女性をバカにするような言葉を吐く迂闊さに、私は衝撃を受ける。それは北口弁護士も同様だった。若い女性なのに、なぜあなたは詩織さんに興味をもたなかったのか? といった質問で山口氏を導くのだ。

北口弁護士「隣に若い女性がいたのに、その方を向かないでほったらかしにしたのには訳がありますか?」
山口氏「通り一遍した後は、話は終わってしまう。ニューヨークのキャバクラみたいなところのホステスとしてついたので、他の方もいて深い話をしていないし、伊藤さんがどのような方か存じ上げないので、共通の話題もあまりなかったので、話題が尽きた」

 

両親の仕送りを一切受けず、自分の力で高校生の頃から生きてきている詩織さんが働いていた「ピアノバー」で、2人は出合っている。そこを敢えて「キャバクラ」とか「ホステス」と言い換えて何か意味を持たせる様を私は猥褻に感じる。職業差別に性差別だ。さらに山口氏は詩織さんが店を裸足で歩き回り、他の客に話しかけたりなど泥酔していったと語る。


山口氏「(詩織さんが)酔っ払ってしまって、裸足で店内を歩き、見知らぬお客さんに話しかけたりなどしていたので大変、よく覚えている」


この後の北口弁護士の言葉は衝撃だった。

 

北口弁護士「レイプドラッグなんて使う必要、全くないわけですね」


どういう意味か計りかねるが、完全に、性犯罪者の視点である。酒を飲んでいるからレイプドラッグを使う「必要」がない、としか聞こえない文脈だ。さすがに山口氏も動揺する。


山口氏「もともと(レイプドラッグの)存在を知らないし。必要と・・・・・その質問にお答えはしたくない」


また北口弁護士は詩織さんが“積極的に性行に誘ってきた”理由を、非常に主観的で女性への偏見を隠さない方法で尋ねる。


北口弁護士「女性の方が積極的に性交渉に誘うのは、何か特別な事情がないと考えにくいですが、彼女が積極的に誘った理由は何だと思いますか」
山口氏「やはりその、仕事をしたいという強いご希望があるのに、一対一で初めて会ったとき飲み過ぎて、醜態をさらし、私の私物をふくむタクシー、ホテル内で嘔吐した。このままでは仕事ができなくなると考えたのではないかなと私は類推しています」


根深い偏見に基づく自身の性の価値観を露呈する方法での尋問に、傍聴席にいる身として暴力を受けているような気分になる。この頃になると、北口弁護士が何か質問する度に傍聴席が少しずつざわつくようになってきた。さらに北口弁護士は、詩織さんが非常識で無礼な人間であることを印象づけるために、山口氏に「他に不愉快になったことは?」と尋ね、山口氏はこう答えていた。非常に具体的な答弁だ。


山口氏「はい。午前二時くらいにトイレに起きて、喉が渇いたと言って、コンビニで買ったものをすすめたら冷たいものを飲みたいと、ミニバーのものをあけてご自分で飲まれた。私は節約のこともあって、外で買ってきたものを飲んでいたので、少なくとも飲んでいいですか、と言ってほしかった。多少無礼だな、というふうには思いました」

値段は210円だという。210円のミネラルウォーターを飲んだくらいで「無礼」と言われるのかと思わず失笑してしまったが、この後すぐに、詩織さん側の弁護人からの反対尋問でこのあたりの証言がぐだぐだに崩されていく。

山口氏への反対尋問は二人の弁護士によって行われた。一人目は、性暴力問題に長年取り組んできた加城弁護士だ。百戦錬磨の冷静さと、何が起きても動じず、ひょうひょうとした軽やかな口調での鋭い尋問力で、山口氏をしばしばいらつかせた。

 

そもそもワシントン支局長の山口氏が一時帰国していたのは、会社の正式な手続きを踏まずにTBSワシントン支局長として週刊文春に寄稿したことを問われたからだった。(余談だが、この記事は韓国軍のベトナム戦争時の「慰安婦」についてである。韓国だってやってたんですよ! というような内容のもので、山口氏はこれを大スクープと考えていた節がある。韓国軍によるベトナムでの戦時性暴力については、山口氏が騒ぐまでもなく、「慰安婦」の女性たちやその支援団体が、積極的にベトナム女性たちとつながり、韓国政府に対し、謝罪と賠償を要求している)

3月30日に帰国し4月4日にワシントンに戻るまで、山口氏は会社の弁護士等から数度調査を受けている。サラリーマンとしては大変な危機なはずだが、山口氏はほとんどこの時の記憶がないと主張する。そもそも会社の命令で帰国したのであれば、飛行機代もホテル代も、210円のミネラルウォーターも会社が払ってくれたのではないですか?と、加城弁護士は手早い仕事人風に、どんどん尋問する。それはこんな調子だ。


加城弁護士「先ほど仰ったあなたが原告に対して非常識と仰った水ですが、これも会社の経費で落ちたんではないですか」
山口氏「ミニバーのものは会社では落ちません」
加城弁護士「シェラトン都ホテルの前にはどこに泊まっていたんですか?」
山口弁護士「最初のホテルがどこか覚えてないです」
加城弁護士「そこは会社の経費ではなく、ご自分でお支払いになられたんですか?」
山口氏「覚えてない」


節約のためにホテルのミニバーを使わず、コンビニの水を買う男性が、210円の水を飲んだことを4年経っても「無礼」と覚えている男性が、ホテル代が自費だったかも覚えていないのか・・・と不思議な気持ちになる。さらに加城弁護士は、そもそも山口氏は詩織さんと会食の時点で、ワシントン支局の就職の世話をできる状態、権限になかったのではないかと問う。あなたは、そもそも、この時に自宅待機を命じられていたのではないか、と。


加城弁護士「覚えてないとおっしゃりますが、4月1日〜3日くらいの間に、会社によばれ顧問弁護士と話され、その後、自宅待機と言われた記憶はありますか?」
山口氏「自宅待機と言われたのは覚えていますが、それがいつだったかは、覚えてません。覚えてないんです!」
加城弁護士「事件以前かどうかも分からない? あなたにとってけっこう大きな出来事だったと思いますが、覚えていませんか?」
山口氏「その質問で私の答えが変わること、期待されてるんですか? そもそも私は報道すべき成果を会社に報道できないと言われたので(韓国軍「慰安婦」の記事)、外で出さざるを得ないと思って出しただけ。支局長を解任されるようなことだとは、今も思っていない。支局長を解任されることを知っていたのではないかと質問をしたいんでしょうが、そういうことは一切ない」(とてもいらついていた)
加城弁護士「(詩織さんと会った)3日、処分の可能性があることは原告に伝えたんですか?」
山口氏「伝えました」
加城弁護士「一切思っていないことを伝えたんですか?」

足取り軽く近づきながら一気に短剣で刺すような鋭い質問に山口氏はとたんに饒舌になった。

 

山口氏「支局長解任されることと処分があることはイコールではないんです。支局長解任は非常に重い。他にも処分は、譴責とか減給とか出勤停止とか、色々ある。解任は処分ではなく、人事である。伊藤さんには4月1日のメールで、週刊文春を読んでおいて下さいとメールしています。その真意は、私が一時帰国したのは、この記事の出方について会社から調査を受けるために戻ってきたということを伝えるためにメールを示したのであって、あなたが仰るように、私が4月3日段階で支局長を解任される可能性があると思っていたならば、伊藤さんに文春の件で帰国する、あるいは文春読んでおいてと言うはずがない・・・」(長々と喋ってはいたが答えになっていない)


完全に加城弁護士のペースだった。山口氏はいらつきを隠さなかった。加城弁護士の尋問は明快だったが、「あなたの意図はこうなんでしょうけど」「はい?」などと答える山口氏の方が「無礼」に聞こえた。女性が意見すると大げさに頭を振ったり、半笑いしばかにするような態度の男性がやるようなこと、全て山口氏はやっていた。とはいえ、そのような山口氏の態度に加城弁護士は全く動じず、淡々と尋問は進められ、どんどん細部に至る。


加城弁護士「寿司屋で原告が自分で日本酒を注文したと仰いましたが、間違いないですか」
山口氏「間違いないです」
加城弁護士「一合いくらするかわかりますか? 」
山口氏「お酒による、覚えてない」

 

ここでまた「210円のミネラルウォーター」がちらつく。210円で「無礼」と言う人が、断りなく勝手に頼んだ日本酒の値段が記憶にないなどあり得るだろうか。


あの晩、山口氏はワシントンのオバマのことが凄く気になっていて早く仕事したかったという。それなのに何故、詩織さんをタクシーに乗せてホテルに向かったのか。そもそも最寄り駅まで歩いて3〜5分の場所に寿司店はあり、ホテルに向かうタクシーを拾うならば、寿司店から道を挟んで反対側に渡る必要がある。タクシーに乗るために、わざわざ反対側に道路を渡ったのか。山口氏は、詩織さんがタクシーの中で吐いたのをみて「窒息するかもしれない」と思い、仕方なくホテルに連れて帰ることを決めたというが、タクシーの運転手は詩織さんが繰り返し「目黒駅でおろして下さい」というのを聞いている。吐いたのは、目黒駅前なのか、後なのか。


ホテルへ連れて行った山口氏自身が語る動機と、その整合性。事実を争う非常に重要な点を加城弁護士は丁寧に尋ねていくが、店を出てからホテルに向かうまで、そしてホテルの中での細部の多くを、山口氏は「覚えていない」「記憶にない」と答えた。それどころか「記憶にないと申し上げましたよね!」といらつきを隠さない瞬間もあった。加城弁護士は全く動じず、こうたたみかけた。


加城弁護士「タクシーの中でホテルに連れ帰ると判断したのは、このまま下ろすと嘔吐を繰り返し窒息のリスクがあると仰った。ホテルに着いてからも当然窒息のリスクがあると思いますが、そのことは当然、考えていたんじゃないですか?」
山口氏「考えてないとは申し上げてない」
加城弁護士「考えていたんですか?」
山口氏「もう一回いってもらえますか? 意味がわからない」
加城弁護士「ん? 窒息のリスクがあるからほっておけない、部屋に行くしかないということでしたので、部屋についても、もう一度、嘔吐することは当然考えていましたよね」
山口氏「必ず嘔吐するとも、絶対しないとも誰もわかりません!」
加城弁護士「可能性のことをきいてます」
山口氏「それはあったでしょう」

吐瀉物で窒息させるわけに行かない、1人には出来ないと言ってホテルにつれて行ったのに、嘔吐されて怒るのはおかしいですよね、と気がつかされるような尋問だった。さらに加城弁護士は、こうも尋ねる。

加城弁護士「初めて2人で会い、自分が勤務する会社への就職を希望する女性、会社の呼び出しで帰国しているなか、(ホテルの自分の部屋につれていく)葛藤はなかったんですか?」
山口氏「他に選択肢がなかったんで!」
加城弁護士「ホテルで別の部屋を取るという考えはなかったんですか」
山口氏「思いつかなかった」
加城弁護士「ロビーから部屋に行くまで、原告伊藤さんはどこに行くか、わかっていたんですか」
山口氏「はい?」
加城弁護士「ロビーから部屋まで、歩きながらどこに行くかわかっていたんですか?」
山口氏「伊藤さんに聞いて下さい」
加城弁護士「あなたはどう思うんですか」
山口氏「当然わかっていると思います」
加城弁護士「どのように、いつどこで告げたんですか?」
山口氏「タクシーの中で告げたと思いますが、伊藤さんが吐いたので、私は彼女に何を伝えたのか覚えてない」

山口氏はさんざん嘔吐について語りたがった。吐瀉物を書類にはかれた、吐瀉物が臭く性交は中断した、吐瀉物がついていたから服を脱がせた・・・だけれど、具体的なことは記憶がないのだ(吐瀉物がついた書類の再発行にコストがかかっていると言うが、いくらかは覚えていないなど)。そこを加城弁護士はつく。 

加城弁護士「キャリーバッグの吐瀉物、トイレの前の吐瀉物は形状として同じですか」
山口氏「形状・・・」
加城弁護士「キャリーバッグに飛沫が飛び散ったとありました」
山口氏「薄暗くてわからない」
加城弁護士「でも、ご自分で始末されたんでしょう?」
山口氏「薄暗くて」
加城弁護士「あなたがみたものを聞いています。形状は? どろどろでしたか? 固形か? 液体? 色は?」、
山口氏「覚えてません!吐瀉物は吐瀉物です」

この時点で加城弁護士の尋問はすでに30分を過ぎていて、山口氏のいらつきはピークに達しているようだった。そして緊張を全く緩めない加城弁護士は山口氏が性行為に応じた理由、事件の要になる部分を聞き出していく。長くなるがメモをそのまま記載したい。

加城弁護士「午前二時頃、トイレ行って戻ってきて、その後は酔いが醒めてしっかりしてきたと仰ってましたね」
山口氏「どこでなにがか言ってもらわないとわからない!」(文脈上自明のことなのに、主語がないといらつく)
加城弁護士「原告が。この時点で、家に帰るように言いませんでしたか?」
山口氏「覚えてません」
加城弁護士「あなたが陳述書で訴えていることを読みますと、原告があなたを誘った理由というのは、就職を世話してもらえるあなたに酔って迷惑をかけたから、セックスしてかえす、あるいは謝罪の代わりにすると、そういう風に彼女が思ったんだろうということですね」
山口氏「セックスで返すまでは書いてない」
加城弁護士「違うんだったら言ってください」
山口氏「ちがいます」
加城弁護士「はい、どうぞ」
山口氏「セックスをして返すなんて書いてない。記録に残り、裁判長の判断にかかることで答えたくない。適切な質問でない」
加城弁護士「セックスでなければ、性行為と言い換えていいですよ」
山口氏「もう一回言って下さい」
加城弁護士「原告があなたを誘う行動を取った理由を聞いてますよ」
山口氏「それは私には分からない、本人に聞いてください」
加城弁護士「では、わからない、ということでいいですか?」
山口氏「ご本人の真意を私に聞かれてもこまる。類推はできますけど」
加城弁護士「あなたの方で、意識がハッキリしていたという原告との性交渉を拒否しなかった理由がよくわからないんですが、お尋ねします。まず、原告が寝ているベッドに座るきっかけになったのは、しつこく言われて、根負けしたから、と仰ってますね」
山口氏「どこでですか? 根負けなんて表現、どっかにありますか?」
加城弁護士「陳述書に書いてありますよ。基本的に書いてあることを前提に聞いてます」
山口氏「さっきは書いてないこと仰ったんで、今、確認したんです!」
加城弁護士「それはセックスを“性交渉”に変えていただければけっこうです。根負けしたとありますが、説得して、酔いがさめたんだから、夜中だけど帰りなさいと説得しなかったんですか」
山口氏「しませんでした」
加城弁護士「原告が気の毒になってきた、とありますが。あまりにしつこく謝ってくるので、と」
山口氏「なんですか」
加城弁護士「この時も(詩織さんが謝ったときも)、もういいから着替えて家に帰りなさいと言わなかったのですか」
山口氏「言いませんでした」
加城弁護士「安心感を与えるために同じベッドに寝たとあります」
山口氏「だからなんですか?」
加城弁護士「社交儀礼的に性交渉に応じたと(陳述書に)あります。お書きになったこと、覚えてますか? その意味は?」
山口氏「私は吐瀉物をまかれ、悪感情を隠さず、非常に険悪な状態だった。数時間後に出国するのでイライラしていた部分もあった。謝られ、しくしく、鼻をすすられ、『私は、不合格ですか?』と繰り返し繰り返し仰った。私は言いすぎたかな、と正直、寝てほしかった。もう一回眠ってほしかった、あるいは帰ってもらってもよかったんですけど」
加城弁護士「そうですよね」(サラリと)
山口氏「でも、なんていいますか、とりあえず黙ってほしい! というのが先にありましたので、不合格ですか、という繰り返し言う状況を黙っていただくために、険悪なムードを改善しようと、懐柔、好きな言葉ではありませんが、なだめるために、社交儀礼的という表現はそういう意味あいです」
加城弁護士「なだめるために応じたということですね」
山口氏「そういうことです」


その後、加城弁護士から杉本弁護士にバトンが渡された。

これは弁論が終わった後に、傍聴していた支援者や知人と話したことなのだけれど、山口氏の加城弁護士と杉本弁護士への態度の違いは誰の目にも明らかだった。加城弁護士にはいらつきを見せ、「主語がない」みたいなことを言っていたのに対し、男性の杉本弁護士には丁寧に、気を許したような感じで一度もいらつくことなく山口氏は答えていた。そして正直、「喋りすぎている」印象を私は受けた。厳しい女性からの尋問の後の緩みだったのだろうか。ここでも山口氏の曖昧さや、論理矛盾が様々に引き出された。


4月3日に詩織さんに会った日、山口氏は自宅待機を命じられていた可能性が極めて高い(山口氏は記憶にないと語る)。また出勤停止させられていた状態で詩織さんに数度、インターンやビザの件で、さも就職の可能性があるようなメールを送っている。とはいえ、山口氏がこれまで証言してきたように、「出来る風」でもなく、泥酔し、セックスで自分の失態をカバーし、水を勝手に飲むような女性を本当に採用するつもりはあったのだろうか。


杉本弁護士「あなたの陳述書をみると、あなたを辟易させるほど、英語ができる、貢献できると、自己アピールに終始し、対話がかみあわない、さらには手酌で日本酒を何杯ものみ、あげくトイレで眠り込み、店内を裸足であるきまわる。(詩織さんは)そういう人ですよね。・・・およそ採用の余地ないんじゃないですか」
山口氏「私もお酒が嫌いじゃないので、お酒を飲んで元気になるひとは嫌いじゃない。ダメという印象はない」
杉本弁護士「あなたは、詩織さんにメールを送って、4月14日に、『あなたの雇用にどのようなパターンがよいか検討中です。お待ち下さい』。4月17日には『雇用に進展があった、まだやる気があるか教えて下さい』と送っている。本当にこういう動きはあったんですか」

この尋問に対する山口氏の答えは非常に緩慢で、長く、分かりにくかった。端的に言えば「あったが、(詩織さんに対してでは)なかった」である。山口氏は色々細かい言い訳めいたことを言った後に、こう締めた。

山口氏「(詩織さんによる)私への事実と違う攻撃がエスカレートしていくなかで、彼女の言動を、元に戻してほしいという意味あいもあって、敢えてそれを送った(雇用の可能性)という部分は正直にいえばあります。
こういうことを言うのが有利かどうか別にして全て正直にしゃべろうと思ってるんで(胸を張るように)」
杉本弁護士「そういう、あなたからすれば意味不明の文句を言っている人を、本当に採用しようと思ったんですか」
山口氏「違法行為があったと言われて以降はその処理にしか集中していない。私としては火消しというのはあれですが、まずは事実と違うところを戻してほしい、という思いがあった。仕事をするかどうかは私の中では決まってない」
杉本弁護士「そうすると詩織さんを懐柔する意味あいでこのメール(就職の可能性)を送っていたんですね」
山口氏「懐柔・・・私も動転してましたから、なんていうんですかね、伊藤さんを雇用するしないよりも事態をなんとか問題解決したいということです」 


泣いてうるさいので黙らせ、なだめるために性交し、意味不明な攻撃してくるから気をひくために嘘のメールを出す。女は感情的で意味不明、だから「火消し」をしなければいけなかった・・・というような被害者のような調子だった。実際、山口氏は自分が被害を受けたと感じているようだった。


杉本弁護士「あなたは示談の申し込みをしていますね」
山口氏「当時の弁護士がしました」
杉本弁護士「どういう判断のもとで示談交渉したのか」
山口氏「えーっと説明は伺ったけど、急に聞かれると詳細は覚えてない」
杉本弁護士「示談の内容については事前に相談受けてますよね。いくら提示したんですか」
山口氏「値段のことは記憶にないです。私が一切の違法行為をしていない前提で、もし病院いったり会社いったりするのであれば、その分を弁済することについてはやぶさかではないということを、弁護士が示談という形で出した」

前の言い分とずいぶん変えてきたことに関しては、以前は、詩織さんの顔を見るのも声を聞くのも辛く事件に向きあえなかったという、山口氏自身の被害感情を露わにした。でも今は向き合って真実を話している、ということだった。

杉本弁護士は最後に二つ、重要な質問をした。山口氏は「詩織さんが自分のベッドに入ってきた」と話しているが、二つのベッドのうち一つはシーツがきれいなままだったことがわかっている。

杉本弁護士「伊藤さんが手をひっぱり積極的に誘ってきたということですが。あなたが寝ていたのはどちらのベッドですか。A、B」

山口氏「伊藤さんがA、私がB」
杉本弁護士「性交したのはどちらですか」
山口氏「A」
杉本弁護士「自分のベッドに伊藤さんが入ってきたと、メールしていますが」
山口氏「自分のベッドとは、ホテルの私の部屋のベッド、という意味です」


傍聴席がどよめき失笑が漏れるなか、杉本弁護士は最後の質問をした。なぜ、詩織さんは自ら誘った性交だったのにも関わらず、吐瀉物の匂いのするスラックスをはき、髪の毛に吐瀉物をつけたまま(山口氏はスラックスが臭かったので脱がせたと言っている。髪の毛にも吐瀉物がついていて臭かったとも言っている)、シャワーも浴びずに、早朝に帰ったのかと。それには山口氏は一言「わかりません」と答えた。


傍聴後、しばらく感情がたかぶっていた。原告への誹謗中傷。準強姦・強姦罪を「犯罪者目線」で語る弁護士。女性弁護士と男性弁護士に明らかに態度を変える被告。「キャバクラのホステス」に意味を込めるナチュラルな女性差別、職業差別。女性が騒ぐ、黙ってほしい、だから性交するのだという理屈。語られた性差別一つ一つが耳に残った。


事実を明らかにしたい。その思いで詩織さんは血を吐くようにこの4年間、たくさんの性暴力被害者と会い、呼ばれれば語り、刑法改正のための運動に関わり声をあげ続けてきた。私は去年春に詩織さんと出会い、詩織さんの活動を追いかけてきた。事件について語るとき、詩織さんが最も慎重に、かつ避けていたことは、事件を「伊藤詩織」VS「山口敬之」と個と個の対立にさせられることだった。性暴力被害者が、みな、同じように苦しんでいる。同じステージに加害者と並べられ、どちらが嘘をついているのか、と見られ、語られることに。だから詩織さんは一貫して自分が体験した事実に立ち、このような事件が起きないために、そしてまた起きてしまった被害者への支援のために、語り続けてきた。相手の名前が出ることは、詩織さんと話した中で本当に数度しかない。

それでも民事裁判となれば、必然的に相手と自分の闘いになってしまうだろう。そのような残酷さがつきまとうものであることも承知の上で、なかったことにしようとする力への抵抗の意思を示した。その詩織さんの思いは、少なくとも傍聴席には届いたと思う。傍聴席の一人の感想として、詩織さんは圧勝だったと思う。むしろ伊藤詩織VS山口敬之、女VS男のフレームをつくり、性差別的思想に基づき全力で伊藤さんを叩き壊そうとしたのは被告の方だった。


詩織さんは誰を貶めることもなく、自身が体験したこと、理不尽な痛み、絶望を語ることによって一つ、また山を越えたのだと思った。そこに立たなければ見えない景色を、詩織さんが、もう恐れることなく安心して眺められたらよいのに・・・と一人の支援者として願ってやまない。

(北原みのり)2019.07.16